ストーリー

若き天才発明家であり宇宙飛行士であり科学者であるリード・リチャーズ(ヨアン・グリフィズ)は、人間の進化に多大な影響を与えたと考えられる宇宙嵐が、地球に接近していることを突き止める。
研究のために宇宙空間へ飛びたいと考えたリードは、大学時代のライバルで、今は自身の研究所を経営している億万長者のヴィクター(ジュリアン・マクマホン)に、資金提供を相談する。
リードの研究を自分の功績にできるチャンスだと企んだヴィクターは、協力を承諾。ヴィクターの研究所の遺伝子研究の女性責任者で、リードの元恋人のスー(ジェシカ・アルバ)と、彼女の弟であるパイロットのジョニー(クリス・エヴァンス)、リードの元同級生でジョニーの元上司であるベン(マイケル・チクリス)を加えた5人で、宇宙ステーションへと飛び立つ。
しかし、彼らは放射線を浴びてしまい、地球へ帰還後は自分の体に現れた特殊な能力を意識するようになる。
ジョニーはそれが世間の注目を集めることになって浮かれるが、リード、スー、ベンは戸惑いを隠せない。特に怪物のような姿に変身してしまったベンは、フィアンセから別れを告げられ、絶望の淵に立たされる。
一方、ヴィクターは多大な投資をした実験が失敗に終わり、その怒りから、邪悪なパワーを持った存在へと変身。ニョーヨーク市民を恐怖のどん底に叩き込む。
それを食い止めようと4人は立ち上がり、ヴィクターを倒した彼らは、“ファンタスティック・フォー”として、これからも自分たちの能力を人々のために役立てることを決意するのだった。

おすすめ情報

[PR] ポイントでお小遣い稼ぐならi2iPoint
[PR] 通販でダイビング器材を買おう!